• Image

透明性に関する指針

企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針

ガルデルマ株式会社は、医療用医薬品等の研究開発、製造、販売について、医療機関並びに医療関係者の皆様方のご協力をいただき、企業活動と医療機関等の関係の透明性・信頼性向上に努めます。

この度、医療用医薬品業界は企業活動と医療機関等との透明性を確保するため「透明性ガイドライン」を制定し、これを参考に各企業は各社の指針を策定し医療機関等に関わる企業活動の情報を公開することになりました。
新薬の研究開発から製造販売に至るすべての段階で、ガルデルマ株式会社と医療機関・医療関係者の皆様方とは密接な連携が必要であります。
一方、その透明性を確保していくことで、製薬産業が医療機関・医療関係者の皆様方と連携して医学・薬学の発展に寄与していること、またその活動は高い倫理性を担保した上で行われていることについて広く理解を得ることが重要と考えます。
また、既に海外はもとより我が国におきましても文部科学省、厚生労働省、日本医学界において利益相反管理への取り組みが進んでいることから、ガルデルマ株式会社もこれらの取り組みに参画していくことにいたしました。

ガルデルマ株式会社は「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針」の策定を機に、より透明性の高い企業活動に邁進してまいります。

つきましては、医療機関・医療関係者の皆様方におかれましては、この指針の趣旨についてご理解を賜り、ご協力を頂きますようお願い申し上げます。

透明性に関する指針の概要

  1. 公開方法
    ガルデルマ株式会社は自社ウェブサイトに掲示して、医療機関・医療担当者等に提供した資金等(税込金額)について決算終了後に公開します。
  2. 公開時期
    2012年度の決算期間(1月1日~12月31日)から毎年の決算終了後に公開します。
  3. 公開対象
    ガルデルマ株式会社が国内の医療機関・医療関係者等に対して提供したすべての資金等を、以下のAからEの5項目に分類し、金額の多少を問わずすべてを公開します。

A.研究費開発費等

研究開発費等には、GCP省令などの公的規制のもとで実施されている臨床試験や、新薬開発の治験および製造販売後臨床試験が含まれ、また、GPSP省令、GVP省令などのもとで実施される副作用・感染症症例報告、製造販売後調査等の費用が含まれます。

(1)共同研究費 総額
(2)委託研究費 総額
(3)臨床試験費 総額
(4)製造販売後臨床試験費 総額
(5)副作用・感染症症例報告費 総額
(6)製造販売後調査費 総額
(7)その他の研究費 総額

B.学術研究助成費

学術研究の振興や研究目的としておこなわれる奨学寄附金、一般寄附金、および学会等の会合開催費用の支援としての学会等寄附金、学会等共催費

(1)奨学寄附金 施設名・教室名 : 件数・総額
(2)一般寄附金 施設名・財団名 : 件数・総額
(3)学会等寄附金 学会名・研究会 : 総額
(4)学会等共催費 学会名・セミナ- : 総額

C.原稿執筆料等

自社医薬品をはじめ医学・薬学に関する科学的な情報等を提供するための講演や原稿執筆・監修、コンサルティング等業務の依頼に対する費用等

(1)講師謝金 施設名・教室名・役職名・医師名:件数・総額
(2)原稿執筆料・監修料 施設名・教室名・役職名・医師名:件数・総額
(3)コンサルティング等業務委託費 施設名・教室名・役職名・医師名:件数・総額

D.情報提供関連費

医療関係者に対する自社医薬品をはじめ医学・薬学に関する科学的な情報提供に必要な講演会等会合費、説明会等の費用および医学・薬学関連文献等の提供費用

(1)講演会等会合費 件数・総額
(2)説明会費 件数・総額
(3)医学・薬学関連文献等の費用 総額

E.その他の費用

社会的儀礼としての費用として、接遇、慶弔・中元歳暮、香典・供花等にかかる費用は、項目に分けず年間の総額を公開します。

4.ガルデルマ株式会社の姿勢

ガルデルマ株式会社が掲げる目標は、皮膚疾患に悩む人々と皮膚科医師のニーズを満たすことに特化した最も有能で成功しているイノベーション志向の企業として認知されることです。
ガルデルマ株式会社の理念は、皮膚疾患患者と先生方の期待に応えられる技術と能力を備え、革新を基盤とした企業として認知されることにあります。
そしてそれを基本理念とし、「研究開発努力と有効性・安全性の確認」、「高品質の確保」、「適正使用のための情報管理」、「安定供給体制の整備」、「公正な競争」の5綱領を積極的に実践・推進することとしています。
さらには、高い倫理的自覚のもとに社会との調和の中で健全な発展を図らなければならないと考えています。

ガルデルマ株式会社が社会から求められているのは、上記理念の実践と公正販売活動指針、公正競争規約、プロモーションコード等医薬品業界の自主規制遵守に関する自立性の発揮です。
また、医薬品は適正に使用されてはじめてその効果を発揮するものであり、ガルデルマ株式会社は、販売するすべての医薬品の適正使用を確保するため、科学的根拠に基づいた医薬情報を、医師・薬剤師等の医療担当者の方々に対し正確かつ迅速に提供しなければなりません。さらに医療現場における自社医薬品関連情報の提供、収集、伝達に努めるべき責務をも有しています。

ガルデルマ株式会社の理念の実践は、一社員にとどまらず、会社(代表取締役)の責務とされています。
したがいまして全社員は、会社の理念を十分に理解し、その理念を着実に果してまいります。

2015年度 医療機関等および医療関係者に対する支払い

Follow us Follow us on twitter Follow us on Linkedin

ガルデルマ本社

bnr_galderma.jpg