• Image

酒さとは?

「酒さ」は、30代から60代の人に多い、炎症性かつ進行性の慢性疾患です。
「大人のニキビ」と誤って呼ばれることもありますが、酒さはまったくニキビとは違う疾患で、赤み、小さな吹き出物、顔面の毛細血管の拡張などといった症状を引き起こします。

初期の症状は、発疹、日焼け、アレルギーに似ているため、治療すべき症状だと気づかない患者さんが大変多くいらっしゃいます。

酒さの症状には、重症度に応じていくつかの段階があります。

img03.jpg

軽症

顔が赤らみやすくなり、顔の中心部に、なかなか消えない赤みが出現します。
この赤みは、皮膚の表面に近い血管が広がることによるものです。

img04.jpg

中等症

この段階では、赤みに加え、赤い発疹が鼻、頬、額、顎などに現れます。

img05.jpg

重症

重症になると、鼻や、時に頬の脂腺が拡張し、皮膚の組織が密集して赤みを帯びるようになります。

酒さの治療

酒さを完治させる治療法はありませんが、病状のコントロールは可能です。酒さは慢性の疾患であるため、治療は、症状を軽くすることと、症状が出ない状態を維持することを目的としています。皮膚科で処方される薬と、皮膚科医の推奨するスキンケアにより、症状をコントロールし、悪化を防ぎます。

酒さの悪化要因

日光、カフェイン、アルコール、刺激の強い食べ物、ストレス、極端な高温・低温などの悪化要因を避けるようにしたほうが良いでしょう。
人により悪化要因は異なります。自分にとっての原因を見つけるために、毎日の食事や行動などを記録すると役に立つかもしれません。詳しくは皮膚科医を受診しアドバイスを受けましょう。

治療に際しての注意事項

酒さは慢性の疾患であるため、症状は定期的に良くなったり悪くなったりします。皮膚科医のアドバイスに基づいた適切な治療とスキンケアにより、悪化した時の症状をコントロールしましょう。

ガルデルマ株式会社のウェブサイトは、自社の製品の宣伝を目的としておらず、医師の治療に基づく情報を提供するものでもありません。症状については、皮膚科医に相談されるようお願いいたします。

Follow us Follow us on twitter Follow us on Linkedin

ガルデルマ本社

bnr_galderma.jpg