• Image

非メラノーマ性皮膚がんとは?

皮膚がんにはメラノーマ性皮膚がんと非メラノーマ性皮膚がん(NMSCs)の2種類があり、最もよく見られるNMSCsは基底細胞がんと有棘細胞がんです。

img09.jpg

光線角化症は有棘細胞がんの前がん病変で、過度の日光を浴びて損傷を受けた皮膚に発症し、皮膚細胞の老化と、がん化を徐々に引き起こします。光線角化症は、通常、顔面や毛髪のない頭部、手の甲に発症し、多くの場合、赤褐色でざらざらとした状態を呈します。
治療をせずに放置すると、より深刻な疾患である有棘細胞がんに進行することがあります。

img10.jpg

基底細胞がんの形状はさまざまで、盛り上がったこぶ状のものが1つだけできる場合や、いくつかの小さなこぶができるもの、赤みがかった平らな斑状、あるいは傷跡のように見えるものなどがあり、なかなか消えないことが特徴となります。いずれの場合も症状は長く続きます。基底細胞がんが別の場所に転移することは非常にまれですが、周囲に広がっていくため、早い段階での治療が大変重要です。

img11.jpg

ボーエン病は、皮膚の層にできる有棘細胞がんです。一般的に、顔面、手、性器部、胴体、下肢に発症します。病変部は、扁平で少し盛り上がった赤褐色の斑状で、ときに色素沈着や鱗屑(りんせつ:皮がむけてくる状態)もあり、非常にゆっくりと大きくなっていきます。治療せずに放置すると、内部に侵入していく場合がありますが、治療は通常、効果があります。

非メラノーマ性皮膚がんの治療

外科手術、凍結療法による治療が中心です。海外では、非メラノーマ性皮膚がんの治療として、光線力学療法が新しい治療法として取り入れられています。光線力学療法は、光と、光によって活性化される物質の化学反応を利用して、腫瘍細胞を破壊するという方法で、今まで行われていた外科手術、凍結療法と大きく異なる治療法です。

ガルデルマ株式会社のウェブサイトは、自社の製品の宣伝を目的としておらず、医師の治療に基づく情報を提供するものでもありません。症状については、皮膚科医に相談されるようお願いいたします。

Follow us Follow us on twitter Follow us on Linkedin

ガルデルマ本社

bnr_galderma.jpg