• Image

皮膚老化とは?

皮膚老化とは、年齢を重ねることによる皮膚の変化を表す用語です。
個人差はありますが年齢とともに、皮膚や毛髪には次のような変化が現れます。

- 皮膚にしわが生じ、弾力が失われ、薄くなる
- 乾燥しやすく、血色が悪くなる。血管が目に見えやすくなる
- 毛穴が大きくなる
- 頭髪が白くなり、特に男性では後退する
- 唇の周囲(女性に多い)や耳(男性に多い)といったあまり好ましくない部分に毛が生えやすくなる
- 脂肪のつき方が変わるために、顔の肉付きが落ちる
- 長年にわたる顔の筋肉の収縮により、眉間などの特定の部位に深く、消えることのないしわができる
- 骨格と筋肉を覆う皮膚がたるんでくるため、顔の輪郭が変化する

また、このような老化プロセスは、日光、紫外線への過度な暴露により、年齢よりも早く進む可能性があります(光老化)。より若い年齢でしわが生じ、目立ちやすくなるのです。光老化の典型的な徴候が、そばかす(皮膚の色素異常の一つ)です。肌の色が白い人には特に多い症状です。さらに進行すると、表面がざらざらになったり、最悪の場合には前がん病変である日光角化症を引き起こす可能性もあります。

皮膚の老化とうまく付き合う方法

現在、皮膚老化の抑制、予防に役立つと考えられている方法をご紹介します。

ドライスキンは、保湿剤の使用により症状がやわらぎます。
しわはフィラーと呼ばれる充填剤の注入により目立たなくなりますし、筋肉の収縮が原因でできるしわの場合はボツリヌス治療もあります。
輪郭および肉付きの変化は、同じくフィラーまたは脂肪移植により解決できます。 皮膚の色を薄くするには、特殊な光線やレーザー、ケミカルピーリング、ダーマブレージョン(皮膚剥離術)、光線力学療法を用います。
不要な毛はレーザーで脱毛ができ、毛髪の移植で、生え際の髪をよみがえらせることができます。
目に見えやすくなった血管を目立たないようにするには、レーザー、電気凝固法、血管を詰まらせる物質を注入するmicrosclero療法などがあります。

光老化は、長袖の衣服で皮膚を保護したり、日陰にいるように心がけたり、日焼け止めを塗ったりという簡単な方法で防ぐことができます。
できてしまった、しみなどの色素異常は、脱色作用のある薬剤やケミカルピーリングで治療が可能ですし、日光角化症は、凍結療法、外用剤あるいは光線力学療法で治療できます。

ガルデルマ株式会社のウェブサイトは、自社の製品の宣伝を目的としておらず、医師の治療に基づく情報を提供するものでもありません。症状については、皮膚科医に相談されるようお願いいたします。

Follow us Follow us on twitter Follow us on Linkedin

ガルデルマ本社

bnr_galderma.jpg