• Image

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、激しい痒みを伴う慢性的な炎症性皮膚疾患です。それはどの年齢層でも起こりますが、乳児期から幼少期に多く、罹患者は10~20%に達します。特に先進工業国では有病率が上昇しています。皮膚バリアの欠乏、免疫システム、遺伝子的、環境的な要因が主な発病の原因です。 症状の再発(状態の悪化)や寛解は日々変動し、QOL(生活の質)が低下します。もっとも一般的な症状は、皮膚の乾燥と痒みですが、症状の再発は、赤みや皮疹が顔面、肘の内側、膝の裏に現れます。
アトピー性皮膚炎の患者は、刺激、アレルギー反応、バクテリアやウイルス性の皮膚感染症、花粉症や喘息になることもあります。

アトピー性皮膚炎の治療

現在は完治する治療法がないものの、外用薬、光線療法、全身治療により症状が軽快します。保湿剤はこの疾患の改善にきわめて重要です。引き金となる要因(環境刺激、アレルゲン、情緒的ストレス、発汗、感染)を避けることで、症状の再発を防ぐことができます。

ガルデルマ株式会社のウェブサイトは、自社の製品の宣伝を目的としておらず、医師の治療に基づく情報を提供するものでもありません。症状については、皮膚科医に相談されるようお願いいたします。

Follow us Follow us on twitter Follow us on Linkedin

ガルデルマ本社

bnr_galderma.jpg